きゅうきょくのはやさをてにいれたぞ

SSDでしょやっぱり!

FF14をやっていると動作そのものは快適なんですが、エリアを変わるときなどにどうしてもカクカクしてしまいます。大量のエリア情報をHDDから読み込む訳なんですが、どうもそのHDDの動作がネックになっているらしいです。

よくよく考えると、Windown7標準のベンチマークであるWindowsエクスペリエンスインデックスはもっとも値の低いデバイスの値を代表値として取るため、CPUやGPUをいくら速くしてもHDDの転送速度に律則され、よい値にならない。

そこで、テコ入れとして最近値段の下がってきたSSDを購入してきました。

読み出し:355MB/s   書き込み140MB/s

驚異的なんですが、ここで問題が。現在のシステムドライブが500GBで200GB以上使用中であるところの引っ越し作業となるところです。 ゲーム環境もあるため、OS再インストールを行なわず、市販のHDD引っ越しツールを用いて環境をそのままに引っ越ししたいということもあり、システムドライブのシュリンク作業に入りました。システムおよびプログラムファイルを除くメディアファイルなどを外部HDDに移動すれば余裕という計算でしたが、長時間掛けてファイル移動を行なったがどうしても容量が減らない。

よくよく調べると、Windowsではシステム復元を行なうために隠し領域を確保しているということで、デフォルトでドライブ容量の9%程度で500GBのHDDの場合45GBほど確保されてしまっているわけで、、目標容量100GB程度に対してあまりにも大きいため、速攻削除。コントロールパネルのメニューから無事消すことが出来ました。

結果

もっともネックだったストレージが一番速くなってしまいましたw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください